2017年1月18日 (水)

シンプレックスのコイルケトル

シンプレックスご存知ですか?

_dsc4717
イギリスのケトルで職人がひとつひとつ手作りしているそうです。
私が持っているのはビーハイブというタイプ。
_dsc4714
ヤカンの底にコイルが巻かれていて熱効率を25%アップさせるそうで
普通より早くお湯が湧きます。
問題は、最近のガスSiセンサーです。
底が平でないのでまずセンサーがヤカン底に付かず
センサーが働いて弱火になりお湯がなかなか湧きません。
そこで針金でセンサーを押さえています(自己責任)
こうすることで簡単にお湯が湧くようになりました。
_dsc4716 実はガスはお湯を沸かす時にしか使わないので一日朝コーヒーを飲む時だけです。
普段はスーパーラジエントヒーターというヒーターを使っています。
遠赤外線調理が出来て電源を切ったあとの予熱調理もできます。
なんだか楽しくてこちらのヒーターで料理を作るようになりました。
その件に関してはまた次回。
さて、話しをシンプレックスに戻しますが、
注ぎが細いのでコーヒーでもドリップし易い。
銅のヤカンは東屋のこれも気になっていたのですが、
持ち手が熱くなっていちいちフキンで持たないといけないのが
ちょっと面倒みたいです。
いずれも銅ですから水を入れっぱなしにしておくことは出来ません。
色々制約はありますが、かっこいいからしかたない。
使い続けるとコイルを底に繋いでいるハンダゴテが溶けて外れちゃうみたいですけどそうなったらコイルなしのヤカンになるみたいなので使い続けようと思います。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

2種のパウンドケーキ また焼きました

バターがあるのでまた焼きました。

今回は玄米粉と栗ペ−ストとクルミのパウンドケーキとホワイトチョコパウンドです。
玄米粉が入っている物は玄米コーヒーとして買ったのですが、
ちょっと思った味と違うのでケーキに混ぜ込みました。
それがこれ。
_dsc4670 玄米コーヒーというか玄米茶ですね。
黒く煎った玄米を粉末にした物で小豆色の微粉です。
真ん中に小布施で買った栗のペーストを入れました。
それがこれ。
_dsc4668
_dsc4669 結構甘いのであまりパンにもつけないまま残ってました。
出来上がったのがこれです。
_dsc4671_2
玄米粉80g
小麦粉70g
BP小さじ1
バター100g
卵M2個
粗糖80g(茶系の砂糖)
藻塩(普通の塩より塩辛くない)ひとつまみ
栗ペースト適宜
クルミ80g
豆乳大さじ6(生地が硬いのでこれを入れて丁度よい硬さにするため)
もうひとつはたっぷりのホワイトチョコたっぷりのパウンドです。
かなりたっぷりのホワイトチョコが入るのでトッピングの柑橘系のジャムの
酸味と苦みがアクセントになります。
小麦粉110g
BP小さじ2/3
バター100g
卵M2個
白砂糖60g
ホワイトチョコレート100g
トッピングに柑橘系のマーマレ−ド 適宜
_dsc4672
焼くとチョコがサクサクになります。
外側のホワイトチョコは焼けてカリカリ。
_dsc4673

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

シュトレーン 販売申し込み終了しました(12月1日)

今年も沢山のご注文ありがとうございました!
それではご注文下さった方々お楽しみにしてください。

| | コメント (0)

ドライフルーツのパウンドケーキ 2種類

久しぶりにパウンドケーキを焼きました。

1つはラムレーズンとカレンズとクルミのパウンド(小さい方)
こちらはベーキングパウダー不使用です。
どっしりとした食感になります。
もうひとつは同じくラムレーズンとカレンズに
文旦はっさくジャムを砂糖の代わりに入れたパウンドケーキ。
こちらはベーキングパウダー使用です。
_dsc4665
覚え書きとして
薄力粉100g
バター100g
卵M2個
粗糖(茶系の砂糖)80g
(ジャムの場合は80g+砂糖20g)
砂糖が少なめなので甘さ控えめです。
BP入れる場合は小さじ1
室温にしたバターをホィッパーで良く混ぜ
そこに砂糖をすりあわせる
溶き卵を3、4回に分けて分離しないように良く混ぜる
ヘラに持ち替え振るった粉を入れて混ぜる
型紙を敷いた型に入れて170度に予熱したオーブンに45分(あとは様子見)
焼き上がったら型から出してラップに包んで冷やすとしっとりします。
翌日からが味が馴染んで美味しいです。
ついつい砂糖の量を減らしてしまうので
パンのような滋味深いパウンドケーキになります。

| | コメント (0)

2016年11月30日 (水)

ラッピング

毎年作るシュトレンですがラッピングを工夫しています。

クリスマスらしさを出すようにラッピングしています。
ここ毎年はイタリアなどのラッピングペーパーやタグなどを使って
ラッピングしています。
今年もラッピングはイタリア製のものになりそうですが、
少し趣向を凝らしてみます。
タティングエレースのお花を編んでいます。
_dsc4666
それらを組み合わせてラッピングしてみようと頑張って編んでます。
こちらのレースは届いた後、洋服の襟元やハンカチなどに縫い付けてもポイントになってかわいいと思います。
お楽しみに!

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

ほぼ餡 あんぱん

sun お知らせsun

今年もシュトレン作ります。

右側のカテゴリー【2016年12月パンボックス】にシュトレンついて記載されています。パスワード等必要です。テルケル会員の方はメール下さい。未会員の方もメール下さい。ご説明後パスワード返送します。

大島在住の友人からいただいたお土産。

あんぱん。
レトロでかわいい包装ビニール
_dsc3598 ずっしり重いぃ!
そりゃそのはず
_dsc3603_2 ほぼ餡でした。
これはあんパンではないですねぇ〜
一気には食べられませんでした。
こうやってケーキみたいに切ってすこしずつ。
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

クッション全部!

 sunお知らせsun

今年もシュトレン作ります。
右側のカテゴリー【2016年12月パンボックス】にシュトレンついて記載されています。
パスワード等必要です。テルケル会員の方はメール下さい。未会員の方もメール下さい。ご説明後パスワード返送します。

デザイナーズギルトのテキスタイルって大好きです。
クッションカバーはデザイナーズギルトの。
青いのは枕、IKEAです。
鮮やかでガーリーなクッションカバーで部屋が明るくなります。
_dsc3605

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

iacoupe イアコッぺ

 sunお知らせsun

今年もシュトレン作ります。

右側のカテゴリー【2016年12月パンボックス】にシュトレンついて記載されています。パスワード等必要です。テルケル会員の方はメール下さい。未会員の方もメール下さい。ご説明後パスワード返送します。

遅まきながら、イアコッぺ

_dsc4541_2 ピーナッツクリームとピスタチヨ
_dsc4544_2
特にまた食べたい!とまでは。
結構高いですし凄く特徴があるとも思えず。
ピスタチヨの味が良くわからないのもありますが。
高級過ぎて、庶民の味方中島パンのコッペパンの方が好きかも。
また中島パン行って来よーっと。

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

タティングレース

 sunお知らせsun

今年もシュトレン作ります。

右側のカテゴリー【2016年12月パンボックス】にシュトレンついて記載されています。パスワード等必要です。テルケル会員の方はメール下さい。未会員の方もメール下さい。ご説明後パスワード返送します。

暇にまかせて作ったレースのカラー(襟)

_dsc4539 _dsc4540 まず下の丸いパーツを繋げ続け、真ん中の菱形のを繋げ最後に三つ葉のパーツを繋げて行く。素敵にできましたが、結局こんなかわいいのが似合わない私です。
作る事で満足しています。好きな物と似合う物って違うんですよね。。。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

ベストショット

 sunお知らせsun

今年もシュトレン作ります。

右側のカテゴリー【2016年12月パンボックス】にシュトレンついて記載されています。パスワード等必要です。テルケル会員の方はメール下さい。未会員の方もメール下さい。ご説明後パスワード返送します。

色々なタイミングが重ならないと撮れないこの写真。

どうでしょう?
_dsc4599 通りを歩いている人が上を向いていたので同じ方向を見ると!
このときはお天気雨みたいに細かい雨が降っているのに太陽が出て来たときでした。

| | コメント (0)

2016シュトレン

久しぶりに自分のブログを見てみたら

なんともう8ヶ月も経ってました!
たまにブログが更新されてないので元気なの?と友人から連絡が着たりするのですが
こんなに更新していないと読んでくれる人もいなくなっちゃいますね。
さてさて前置きはこれくらいにして、
今年もシュトレン作ります。
11月末から12月第1週くらいを締め切り予定で
12月中旬から20前後に発送を考えています。
テルケル通販は会員登録後ご購入可能になるので
ご希望の場合はメールをよろしくお願いします。
折り返し詳細を記入の上ご連絡致します。
価格や発送に関しての詳細は後日アップする予定です。
ちょっとだけ宣伝しますと、
テルケルのシュトレーンはできたてはサクサクでクッキーの様ですが
時間が経つとしっとりとしています。
時間をかけて味の変化を楽しむのもシュトレーンの楽しみ方です。
マジパンが中心に入っているシュトレーンがありますが、
テルケルは真ん中に金柑が入っています。
発酵バターやシナモンをたっぷりとまぶします。
こんな感じの断面です。
Photo
気になる方はメール下さい。
既にテルケル会員の方はメール頂けましたら
詳細が読めるページのパスワードを返信します。
(まだ開けられません)
いつも大好評ですので今年のシュトレンどうしようかなと思う方は
是非メール下さいheart02

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

サンドパンと新潟のパン屋さん

新潟へ行ってきました。

八海山へ登ってきましたが、メインは友家ホテルとパン屋巡りです。
今日はご当地パンについて。
関東で言うコッペパンが新潟魚沼へ行くと見かけます。
それもミルククリームが挟まっているのが主流です。
そしてとてもレトロなパッケージになります。
それがこれ。
_dsc4606
キムラヤのミルクサンドパン
_dsc4608
ウチムラのサンドパン
_dsc4607
Dsc_0572 こんなことでもないと絶対に食べないマーガリンパン。
ジャンキーな物はたまに食べると美味しかった(罪悪感とともに)
松屋のサンドパン
さて、色々食べたサンドパンですが
Dsc_0571
一番美味しかったのがウチムラのです。
南魚沼のパン屋さんです。
特製、高級となっているのですが、発酵バターを使用しています。
_dsc4643
パンの食感がモッチリしているのが癖になります。
パンの生地に工夫があり中のクリームは一緒のミルククリーム。
これもマーガリンやショートニングとか入っているのですが
甘さ控えめで滑らかでもっちりパンにあっているんですよねぇ。
_dsc4642
黒砂糖を練り込まれた生地
_dsc4644 ブルーベリーを練り込んだ生地
こちらはサンドパン専門店ではないので他にもパン買ってみました。
もちろん全部甘いパンなのですが。
_dsc4645 チーズケーキデニッシュ。
チーズ部分が濃厚でパイは層がきちんとサクサク。
_dsc4647 マロンデニッシュ。
ホイップクリームとマロンクリーム、カスタードクリームが入っていて真ん中は甘栗でした、そこは町のパン屋さんということで。
_dsc4637 クルミのパン
ふんわりもっちり。サンドパンと同じ生地のような。
_dsc4639クルミレーズンシナモンパン。
これ凄く美味しかった。
生地がしっかりしていてフィリングとのバランスがよかった。
私が行ったのは土曜日でした。
土曜日はパンを焼かない日ということみたいで
前日のパンをこれくらいのサイズなら全部100円でした。
お得!サンドパンも賞味期限が3日程みたいで買ってからも2日は余裕がありましたので山ほど買いました。
南魚沼の道の駅で見つけた、ヴィッシーというお菓子屋さんのパン。
これがまた美味しかったのです。
米粉を使っていて添加物を使わない美味しいパンでした。
_dsc4613_2 ふわふわの白いパンです。
奥の食パンが凄く美味しくて焼くだけで十分。
もっちりしていてほんのり甘い。
ホールで300円くらいでした。
_dsc4625 こちらはヴィッシー一番人気のアップルパイ320円
_dsc4629_2 焼きっぱなしのシンプルなパイ生地にフレッシュなリンゴのフィリング
カスタードクリームが入っています。シナモンは入っていないのですっきりと食べられるアップルパイ。
丸いパン二つはクリームチーズパン200円程、あんぱん190円程
どちらもふわふわしっとりパンでしたが、クリームチーズの方が美味しかったかな。塩気があるソフトなクリームチーズでパンに良く合いました。
画像はあんぱんだけ。
_dsc4617_2 いいパン屋さんみつけた。
また是非食べたいです。
あとは新潟へ行くと必ず伺う、シュシュ。
東京にもあるようなおしゃれなパン屋さん。
_dsc4611_3
手前の丸いパンは珈琲あんぱん200円くらいだったか
_dsc4632_2
中は本物の生クリームにコーヒー風味のこしあんです。
生地がブリオッシュのような感じでサックリとした食感が美味しい。
_dsc4612_2 かわいくて思わず買ってしまったチョコクリームパン160円くらい
_dsc4650 ぱっくりカットすると濃厚なビター目のチョコクリーム入り。
_dsc4622_2 ケーキ系デニッシュ200円後半
栗のクリームと生クリーム入り。もちろん美味しい。
_dsc4621_2 サクサクシューはパンプキン入りのクリーム。200円程
もちろんこちらも間違いなし。
今回は大好きだった『むしやすめ工房桟歩道』が閉店してしまったので悲しかったのですが南魚沼で新たなパンを開拓できたのでまた新潟へいく楽しみが増えました。

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

保存していた2015年のシュト−レン 

去年作ったシュトーレン1カットだけ冷凍していました。

さすがにもう食べようと自然解凍して食べてみました。
_dsc4250 しっとりして、味が馴染んでいて美味しい。
こんなに時間経っても冷凍しておくと美味しくなりました。
味が凝縮してすねぇ。とんがった感じがなくなり、まろやかな感じ。
また今年も作ってみようと思います。
_dsc4251

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

常宿 友家ホテル 2016年2月 3日目

また起きてひとっぷろ。

最後は扇風呂。
ここは一番小さい家族風呂ですが、なんとなく落ち着きます。
_dsc4184 今日は鮭でした!
そして出し巻き卵も。
お味噌汁はなめこと湯葉。
_dsc4183 _dsc4187
このハムを海苔の様にしてごはんを巻いて食べるのです。
_dsc4186 ごはんおいしぃ〜
今回の旅で買ったものこんなにたくさん。
_dsc4188 友家ホテルのお土産売り場で小物や友家ホテルの温泉で作った化粧水、乳液など買って。前回の友家ホテルのブログの記事で車麩が買えない理由がこれです。
沢山のパン、友家ホテルのお土産を買ってしまい車麩どころでなくなってしまうのです。東京で買えるからここで買わなくてもいいねってことで。
楽しかった2日もすぐに終わってしまいました。
2日泊まるとほんとうにゆっくり出来て楽しいです。
結局漫画もまた読めませんでした。
また次回へのお楽しみです。

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

常宿 友家ホテル 2016年2月 2日目

さて、翌朝。

朝風呂に入ってから朝食を待ちます。
_dsc4081 今回初めてしゃけじゃないお魚、卵焼きでない卵、ハムとベーコンでないソーセージ。
魚は鯖_dsc4082
卵は卵焼きじゃない、すごいってはしゃいでたら、
『ただの温泉卵です』って。。。はははっ。
_dsc4083 でもあんかけがかかってまして、
_dsc4092 とろぉ〜って。美味しそうでしょ。
_dsc4086 がんもどきの煮物
_dsc4087 ほうれん草のおひたし
_dsc4084 おつけもの
_dsc4088 多分近くの手作りハム屋さんのソーセージ
_dsc4090 大根のお味噌汁。
シンプルなんですが、だしが凄く美味しくて、毎回こちらのお味噌汁はおいしいなぁ〜と思います。
_dsc4089 パイナップルとリンゴのコンポート
ご飯はおひつに入っていてお代わり自由。
やっぱりご飯は本当に美味しい。
わぁ〜お腹いっぱい。
前日に続く。
さぁ今日一日あるのですが、雪降ってる?!
友家ホテルのご主人に聞くとこれは雪のうちに入らないってことで、
バスに乗って大好きなパン屋さんへ行く事にしました。
むしやすめ工房 桟歩道
ここは小さいお店ですが本当に色んなパン屋お菓子があって選ぶのもとても楽しいお店です。
_dsc4098 _dsc4093
買っている時にお話をしていたら張り紙が目について。
5月に閉店!!!
がぁ〜ん。
ショックで凄く好きでこちらへ来ると必ず寄るんです。
差し支えなければ何故お辞めになるか?
どうやら引越をするのと更なる修行ということでした。
5月までにまた行けたらなぁ。
さて、今回買ったのは
_dsc4191 もっと買った気がしたのにこれだけだった。
_dsc4199 チョコスコーン。
シュシュでも買いましたが、こちらはもっと粉の味が主張していて甘みが控えめです。こういうの好きです。
_dsc4229
シュシュと比べるとこんな感じ。
_dsc4233
バケットも買いました。
_dsc4204_2
クープが全然。。。期待しませんでしたが、_dsc4236 カットしてみると、あら?いい感じ。
こちらも粉の味がしっかりする。何も付けなくても凄く美味しい。
甘みがあってほんのりと酸味があるのがバランスいい。
美味しい。やっぱり桟歩道さんのパンおいしいなぁ。丁寧に作ってるのを感じます。
_dsc4211 ベーグルに力を入れているお店とあってモッチリしてます。
形もこういうの好きです。
このベーグルはグレープフルーツとクリームチーズのベーグル。
_dsc4252 ピールの苦みとクリームチーズのコクが美味しい。
でもなによりも生地が美味しいです。
_dsc4212 リッチなデニュッシュ生地にあんが巻かれています。
_dsc4244 バターたっぷりの生地でした。
_dsc4219
栗のシフォンケーキ。
_dsc4265
生クリームを付けて食べてみました。
栗味って再現が難しいのですが遠くで栗の味がしたような。
_dsc4224
ミニカヌレ。毎回買ってます。もっちりしていて美味しいです。
_dsc4225 周りがキャラメルの様に香ばしい。
_dsc4210 きな粉のビスコッティー
最後出る時に閉店の話しを聞いて思わずもうひとつ目についた物を買いました。
ふたつのクリームのクリームパン。
ひとつはカスタードクリーム、1つはクリームチーズの入ったクリーム。
クリームパンというかカスタードクリームが苦手なんですが、すごく美味しかった。どちらのクリームも本当においしくてパンがもっちりしていて。
外見だけ。
_dsc4221 あぁ本当になくなっちゃうなんて残念です。
かわいくて手作りなとても素敵なお店でした。
これはおまけで頂きました。
_dsc4218 チーズ味のポンテケージョ。
この足で15分程歩いて道の駅へ行きましたが、
バスに乗り遅れると行けないので早々に戻り、
バスに乗って友家ホテルへ。
帰ってから部屋替えで、今度は初めての本館へ。
エントランスから廊下を渡って
_dsc4101 本や椅子があるラウンジの横の階段を上ります。
_dsc4100
_dsc4103
階段を上る途中にこんな空間も。
_dsc4105
上がったらすぐにある睡蓮の間が泊まった部屋です。
本館で一番人気で大きい部屋です。
_dsc4110 入り口ドアを開けるとすぐある廊下。
右側が部屋です。
_dsc4111 _dsc4112 廊下には洗面所。
_dsc4116 広くて、焦げ茶の床は建具がとても落ち着きます。
午後はここでゆっくり楽しみたい。
漫画もまだ読み終えてないし、でもその前に
温泉へどっぷん。
今度は露天風呂が空いていたので貸し切りで。
お風呂も新館に比べたら本当に簡単に行けます。
部屋風呂並に階段降りたら露天風呂ですし。
さぁ、楽しみな夕飯へ。
今日は宿の日本酒と白ワインを頼む事にしました。
_dsc4132 _dsc4131
なんと運ばれて来たお料理、部屋も初でしたが、こんなのも初でした。
_dsc4119 しゃぶしゃぶです。
前菜はこんな風に素敵にもられていました。
_dsc4120 セロリの酢漬け、牡蠣オイル漬け、いぶりがっこにクリームチーズ乗せ、伊達巻きのような味の厚焼き卵、にんじんのピクルスだったかな?
自然薯と煮物
_dsc4123
_dsc4122
これを食べてからの、_dsc4124
すっごく美味しい牛肉。溶けます。
次はお刺身。
_dsc4133 左からアワビ、まぐろの漬け、甘エビとあぶりイカ。
全部美味しい。
このあと
_dsc4137 岐阜かどこかの湯葉。
_dsc4138 確か佐渡のもずく。
もずく酢は食べた事ありましたが、すっぱくないだしのもずくは初めて食べました。こちらも美味しい。
_dsc4139
洋皿はクワイのフリッター
蛯の頭はたぶんお刺身に付いてたのだと思われます。
クワイを揚げたのなんて食べた事無い。
クワイ自体お正月に食べる事もほとんどないですし。
あげてあるので本来の苦みが和らいでいます。
_dsc4141 ぱさっとしていて不思議な味。
美味しいのかまずいのかわかりません。
最後は焼き物とご飯。
_dsc4142 ぶりの照り焼きでした。
つゆはお味噌汁じゃなくてこれ。
_dsc4146
あぁ〜またしてもお腹いっぱい。
食事が終わってフロントへ電話をしたら、
デザートが運ばれてきました。
手作りアイス。
チョコミント。さっぱり。
_dsc4147
またしても夜更かしできず、すぐ就寝。
明日の朝ごはんなんだろうって食べたばっかりなのに。
 
 


| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

常宿 友家ホテル 2016年2月 1日目

今年も行ってきました、友家ホテル。

今回は初の2泊です。
料理は翌日も違うかをお聞きしたら同じものを出した事はありませんとのこと。
温泉宿と楽しみのひとつはやっぱり食事ですからね。
それと部屋を変えられるので初日と翌日は違う部屋に泊まりました。
今回こちらも初の2泊目は本館での宿泊です。
さて、ローカル線で3時間以上かけて着いたのが最寄りの駅小出です。
_dsc4024 小出の駅からすぐにバスに乗らず橋を渡って(↓橋からの風景)
_dsc4030
雪が積もっている思って登山用の靴で行きましたが、
今年は本当に雪が少なかったです。
足いたくなったぁ(突然の本人登場sign02
_dsc4033_2
商店街をぶらり。
_dsc4035 _dsc4036
キムラヤというローカルパン屋に寄りました。
なつかしく昭和な感じがもうグッと来ちゃいました。
_dsc4037
定番ミルクサンドパンとピーナッツサンドを購入。
_dsc4189
朝イチに伺ったのでまだパンが全部届いてなくてごめんねと、
前日のミルクサンドパンを頂きました。
店員の方前日の方が味が馴染んで美味しいのよとおっしゃってました。
画像手前の食パン(赤いプリントがあるもの)ネオトーストってなってた。
これってネオソフトが食パンに塗ってあると読んだ!
想像では食パンにマーガリンを塗って砂糖がかかっているのでは??
子どもの頃やったかもしれません。
歩く事数キロ。
毎回伺うシュシュというパン屋さんへも寄りました。
_dsc4042_2 _dsc4043
モダンな感じ。
左壁側にはクッキーや食パンなど。
右壁側にはバケット置き場。
_dsc4046 天井が高いです。
_dsc4045 工房も見えます。
_dsc4044 レジ横にケーキなどの生菓子。
ここのケーキ類とても美味しいです。
スポンジケーキのようなもではなくタルト系です。
前回リンゴタルトも美味しかったですが、最初に買ったチーズケーキがあったのでまた買いました。生チョコタルトというのもお初だったので購入。
シュシュで買ったのはこれ↓沢山かったつもりだったけど意外に少なかった。
_dsc4192 _dsc4193
これがチーズケーキ濃厚でタルトがサクサク。
_dsc4194 今回初の生チョコタルト
よくみると2層になっていてラズベリージャムが敷いてあります。_dsc4195
濃厚なチョコに酸味のあるラズベリーが口休めになり濃厚さがしつこくなりません。
_dsc4196 ミルクフランス。
_dsc4197 もっちりとした生地に甘いクリームたっぷり入っています。
_dsc4198
チョコスコーンはケーキの用に柔らかめの生地にくるみとブロックのチョコがたっぷりです。トッピングにグラニュー糖がかかっています。ただちょっと生地が甘め強いです。
_dsc4230 栗入りのクイニーアマン
_dsc4201 これは少し焼いたら焦げちゃって栗の入っているところ写真取り忘れましたが、
クロワッサンの生地の中にごろっと渋皮栗が入っていた感じ。
_dsc4202 焦がしバターのメロンパン
_dsc4238 バターの薫りのするふんわりメロンパン。
_dsc4203
こちらは確かバケットではなくてカンパーニュって名前でした。
天然酵母。
クープはエッジが立っていますが、気泡が詰まった感が。バケットじゃないからそこは仕方が無いのかな。_dsc4237
なので全粒粉です。味は普通でした。酸味も特に感じなかったし食べ易い。
_dsc4207 コーヒー生あんぱんも買いました。
_dsc4227 生クリームとコーヒー味の餡いり。
_dsc4208 豆パン。しっとりしたパン生地の中はたっぷりの甘納豆です。
_dsc4246 買ってから日にちが経ってしまったので、蒸してから焼いてみました。
_dsc4209 抹茶大納言ベーグル
_dsc4254_2 ボリュームは少ないですが、しっとりもっちりふんわりとした食感。
小豆の甘さが嬉しい。
初日から結構パン買いました。
持ち帰りました。
寒いから出来るんですよね。
ブーランジェリーシュシュの後バスが車で40分程あったので
初のへぎそばチャレンジです。
何度も新潟に来ているのに本場のへぎそば食べた事ありませんでした。
薬師というおそば屋さんへ。
_dsc4049 バスの時間が間に合わなかったらとドキドキでしたが、
へぎそばはもりそばなのですぐに出てきました。
_dsc4051
へぎそばはこの盛り方が特徴的ですが、
独特の食感も特徴の1つです。
_dsc4053
海藻が入っているのでしゃくしゃくともちもちとした感じです。
とても新鮮な腰があって本当に美味しいかったです。
_dsc4052
そばつゆの返しも甘みがすくなく辛口で好きな味です。
あたたかいお茶を淹れてくれますが、そば茶で香ばしくて何杯もお代わりしました。
20分程でお店を出てバスに。
久しぶりの友家ホテルへ。
初日はいつもの新館。
泊まった事の無いもうひとつのベッドの部屋です。
_dsc4054 部屋に入ると手前が居間、奥が寝室。
_dsc4059 入り口はいるとすぐ右にこの洗面所があります。
_dsc4056 _dsc4055
ベッドとベッドの反対側の壁はこんな感じ。
部屋に入るとウェルカムデザートを持って来てくれます。
今回はチーズケーキ。
実は旅のおやつに先日作ったタルトタタンレシピのチーズケーキ持って来てました。つでに食べ比べ。
_dsc4057
友家ホテルのはレモンが利いていた感じで硬めのコクっとした食感。
手作りのチーズケーキ美味しいです。
_dsc4058
アトリエタタンレシピのはもっと柔らかい食感。
楽しい2日間になりそうとワクワクします。
泊まる2日間はお客さんが多い用で全お風呂貸し切りという訳にはいきませんでしたが、冬に閉鎖の露天風呂は入れました。
まずは温泉へ。そして前回読み終えなかった漫画をキープして温泉へ持って入りゆっくりと浸かります。
貸し切りの露天風呂は既に人が入っていたので開いていた大きな温泉の方に貸し切りで入りました。
夕飯楽しみ。
この日は洋皿がステーキということで赤ワインを持ち込んだので(了解を得てます)初日にワインを飲む事にしました。
_dsc4070 レ・シャルム・ドゥ・グラン・コルバン
グラン・コルバンのセカンドです。
エレガントで酸味と渋みのバランスがとれていてなかなか良いです。
_dsc4068 必ず最初に手作りの食前酒が付くのですが、今回は梅の白ワイン酒でした。
まずは一の膳
_dsc4065 牡蠣のオイル漬けにわさび菜とピンクペッパー
_dsc4066 定番のぜんまいの煮物。これが本当に美味しいです。しっかりとした食感とだしが良く染み込んでいます。今回の付け合わせはかぼちゃと貝です。
_dsc4069 アボカドの天ぷら。初めて食べましたがねっとりとしたアボカドと麺つゆと大根おろしがとても合います。面白い。
_dsc4072 舞茸鍋。
 
この後はお刺身です。
_dsc4073
_dsc4074朝入った活ホタテをお刺身にしたそうです。
赤とぶつかるかと思ったけど全然大丈夫。
ポーテンシャル高い赤?それとも新鮮で甘みのあるホタテかな?
_dsc4075
待ってました!定番のウニ餅。
おいしぃ〜。
次は通常焼き魚なんですけど、ワインを飲んでいるとうい事で仲居さんが気を利かせてくださったんだと思います。
ドドォ〜〜ッン
_dsc4076 ちょっと暗かったですので。アップ。
_dsc4078 和牛。柔らかくて甘みがあって、あぁ〜赤に合うわぁ。
_dsc4079 そして最後は岩魚と魚沼産こしひかりとお味噌汁で〆。
全て食べ終わるとフロントへ連絡します。
そうすると手作りデザートが運ばれてきます。
_dsc4080 チョコレートアイスです。
甘い物はやっぱり最後あると嬉しいです。
お酒を飲みながらゆっくり1時間半くらいかけて食べました。
お腹いっぱいになりました。
あんなに食べたのに明日の朝ごはんを楽しみにしながら、すぐに寝ちゃいました。

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

アトリエタタンのチーズケーキ

友達からタルトタタンという通販のみの美味しいチーズケーキあるから食べる?ということで食べさせてもらいました。

確かに美味しい。
酸味がなくてまったりしてるのにどんどん食べられる。
どんなところだろう?って調べてみたら昔は店舗を持っていて今は通販だけのようでした。結構なお値段と購入時期が決まっていてタイミングが合わないと買えない感じです。ホームページ見ていたら、アレ??レシピ本が出てるよ!
たまたま寄った本屋さんに売ってたので買ってしまいました。
基本のチーズケーキを早速つくりました。
クリームチーズ、マスカルポーネ、サワークリーム、コーンスターチ、砂糖に卵だけ。
_dsc4020 しっとりとして甘さ控えめ。
でも食べる程に甘みを感じて体に染み込んでくる感じ。
クリームチーズを低脂肪のものにしたのでさっぱりしていますが、
これを普通にクリームチーズにしたら全然変わると思います。
簡単だしまた作ってみよう。
バスクチーズケーキとか真っ黒いチーズケーキが載っていたのでまたそれを作ったらアップします。

| | コメント (0)

2016年3月 1日 (火)

二つのおひつ

炊いたご飯は通常おひつに入れます。

中川一辺陶さんの土鍋で炊いたときはその土鍋をおひつ代わりにしてしまいますが。
通常は秋田の曲げわっぱにいれますが、最近は白米と玄米を同時に炊くので
二つおひつが必要になるときがあります。
曲げわっぱは2合用と3合用と二つ持っているのですが、3合用はまだ使っていないのと少しサイズが大きいので、東屋の2合の檜のおひつを使っています。
_dsc4012
杉のおひつとの違いは薫りです。
秋田杉のおひつは蓋を開けると杉のいい薫りがしますが、
檜のおひつは強い薫りはありません、それと厚みがかなりあります。
_dsc4013 まだ東屋のおひつはあまり使い込んでないせいか、
炊きたてのご飯を入れて蓋をすると杉おひつより水分がはじかれてしまっています。
_dsc4015 杉の方(左)は吸い込んでいる感じですが、
檜の方(右)は水がはじいてる感じです。
_dsc4016 あと檜はシミが出来ます。
毎日使う物なのであまり気にせずガンガン使って使い心地の違いを感じて行こうと思います。
冷やご飯は翌日まではそのまま温めなくても十分美味しいです。
おひつから冷たいままでおにぎりもちゃんと握れます。
杉のおひつからのごはんは杉の香りがして曲げわっぱのお弁当箱に入ったご飯のような感じです。
ただ翌々日からはおひつ内のご飯が減る分乾燥もしてきますので硬くなります。
冷蔵や冷凍保存しない代わりに容器として入れておき、
翌々日からはグランシェフでスチーム温めをして食べています。
冬場は数日おひつ保存しても問題ないですが、
夏場は部屋が暑いのでおひつ保存はあまりお勧め出来ません。
私は以前夏に枝豆の混ぜご飯を作っておひつに入れておいたら
翌日豆から糸が引きましたcoldsweats01
それぞれの木の性質で殺菌作用がありますし、木自体が呼吸しているため
プラスチックよりは悪くならないと思いますが過信は禁物ですね。
炊きたてのご飯をおひつに移すときはなんだか儀式のようにご飯を大切に扱います。

| | コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

Newグランシェフ

少し前にアップした極味というパワースチームオーブン

機能的に問題があった訳ではないのですが、開閉の際に音がするので一度修理に出しました。3ヶ月後にまた同じ症状が出たので無償で修理になりました。
そうしたら営業の方からこちらはもう現行商品でないのでこちらを下取りして最新版をいかがですか?とご提案頂きました。
2度目の修理でしたし修理の度本社へ送り返さないとならないのでそれならばと最新版と交換することにしました。
こちらの製品は私の持っているドイツ製のサーモミックスと同じようにパーティー形式で人を集め商品の性能や料理を振る舞って買ってもらうタイプの会社で販売しています。ムスイ鍋の会社です。
まぁ私はただ製品を使っているだけですので、良い物なら無理強いをしない限り自己責任という事で。
以前麻布十番にあったキヨズキッチンのオーナーの南清貴さんもご愛用の様ご推薦です。
下取りとは言え結構な金額になりました。
でも新品で買うと約14万ですから。
それでも交換したいと思ったのは極味を使うようになって本当によかったからでした。
何が?
極味を使うようになってからは電子レンジは一切使わなくなりました。
まず必ず使っていたのはご飯の温めでした。
朝お弁当に持って行くおにぎりを作る時に冷凍もしくはおひつのご飯を温めます。
おひつのご飯は炊きたてを入れた後の翌日の朝までは温めなくてもおにぎりで握っても硬くありませんが、2日目の朝はさすがに握り辛くなります。なのでザルもしくは小さい蒸篭にいれて極味でスチームしますとふっくらとご飯がよみがえります。
電子レンジで温めていたときは三菱の最上位電子オーブンレンジでありながらも、
中心だけがあつくなったり、チンし過ぎて硬くなったりしました。
それになにより電子レンジは電磁波の問題もありますが、味は変わらないだけで栄養素はなくなりカスを食べいるような物だとある人から聞いてまぁ、極端ですが、更に電子レンジが使えなくなりました。
修理返品中の温めは鍋にスノコを入れてご飯や野菜を蒸していました。

慣れてくるとそれほど苦にも感じなくなっていましたが。

極味を使用しているときに新型との比較をするためきのうの差を調べてました。
ヒーターが極味は上下シーズーヒーターでnewグランシェフは上がガラスヒ、下がシーズーヒーター、上がガラスヒーターで火力が強いので直火焼きのような効果が出来ます。魚焼きやトースト、焦げ目をつけたいグラタンなどにとても便利になります。『トースト&グリル』という新しいメニューキーが出来たのもガラスヒーターを導入したお陰です。
_dsc3883
グラタンの時に三菱のオーブンのグリルというメニューを使いましたが10分経っても庫内が温まらないのか一向に焦げ目がつきませんでした。
大量にお菓子やパンを焼くときなら予熱にかけて電気代がある程度かかっても、たった一皿のグラタンの光熱費を考えるだけで恐ろしくなりました。
スチームの温度が100℃から120℃になったというのも大きいです。
パワースチームというのが機能がありますが、こちらは120℃のスチームと100℃のヒーターを同時に使うという機能です。これはおもに冷凍の解凍→温めを早く出来るというものですが、同時に使えるというのが嬉しいです。
予熱機能も付きました。
_dsc3878
使う都度予熱を勝手にしてくれるのもいいのですが、設定時間を延長したくてもまたいちから予熱をするのでそれがやっぱり大手の電気会社じゃないからかなぁ。
使用後3分間ファンが回りその後ファンが切れてから主電源を切ります。
前の極味はファンの音が大きくて気になっていましたが、newグランシェフはファンが回っているかわからないくらい小さい音になったから良しとしますが。
あと主電源が別についているのでそのスイッチをon/offにしないと電源が入りません。待機電力ゼロにはなりますが、三菱の石焼工房はドアを開ければ通電し、しばらくすると勝手に電源が切れます。 そういうところが便利に慣れている現代人にはあれって思ってしまいますが、無駄な機能を付けないもしくはつけられないのが意外に長持ちするのかもしれないです。
newグランシェフは給水タンクを外すと給水ホースの水も抜けるという設定になっているので庫内に古い水が残っている心配もなくなりました。
ドアを開けた前面に給水タンクがある事でタンクの出し入れも楽になりました。
庫内も26Lと大きくなりましたので同時調理も更に楽に。
にんべんのだし容器がとてもいれやすくなりました!
そうそう以前持っていた東洋プレスのTOYOスチームオーブントースターが結局極味、newグランシェフの元祖だったと思います。
あれは上下ヒーターがガラスヒーターで庫内も小さかったので最高温度が400℃まで出ました。スチームを使うときはスチームしか使えませんでしたが使用後すぐにヒータを使うもとが出来ました。問題は大きめのオーブントースターほどのサイズだったので沢山の物が入れられなかったこととすぐに庫内が汚れてしまいました。古くなったオーブントースターもそうですがガラス窓とか茶色くなって見え辛くなるような汚れ方。
以前のデザインは昭和的な感じでしたが今回の新モデルはフラットドアのすっきりとしたデザインはとてもスタイリッシュになりました。
さぁ散々話したニューグランシェフはこちら。
_dsc3880
色々と使いにくい部分もありますが、それでも脱電子レンジをお手軽にするにはいいかもしれません。

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

アンディ ベトナムサンドイッチ

祖師谷大蔵の駅からだと20分はかかるのですが、最寄りの駅は祖師谷大蔵になります。

成育医療センター前のバス停のすぐ近くなのでバスを使うなら一番安い近くにお店があります。

アンディというベトナム サンドイッチのお店です。
女性二人で切り盛りしている小さくてかわいいお店です。

出来た時はこんなところで大丈夫かなぁって思いましたが、お客さんが並んでたりしますから結構流行ってるんですね。

1452994540475.jpg

ベトナムサンドイッチはバインミーと言うそうです。フランス領だったベトナムのサンドイッチのパンはフランスパン。

挟まっている具はアジアンなのにパンがフランスパンって不思議。

今回のバインミーは細いほうが
バインミー クエ400円

1452994542077.jpg

クエというのは枝と言う意味だそうです。
中はレバーパテ、なます、ぱかちー、赤唐辛子です。レバーの味がしっかりして食べていると白ワインが欲しくなります。


1452994543211.jpg

大きさ方は、魚(サバ)とトマト 550円
辛味が強いサバの具になますの酸味とパクチーがよく合います。

いずれも注文してから作るのでパンが温かくて美味しいです。

シンプルな具材同士で、自分でも作れそうなむずかしそうな。

でもはじめて食べたのに安心感のある味です。

次回はビーフとレモンのバインミーに挑戦したいです。
あと、スイーツもありました。
ベトナムではなくスノーボールとかパウンドケーキとかですが評判良いみたいなので食べてみます。

| | コメント (0)

«白金 メゾンダーニー